So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

輪島 2009 かに祭 [グルメ]

ズワイがに (石川県では加能がに) 香箱がにが解禁になり、方々でかに祭りが開催されている。
孫を連れて行くつもりで、輪島かに祭りの券を購入してあったが、新型インフルエンザが流行っていることでもあり、小さい子供を人ごみに連れ出すのはまずいということで夫婦で行くことにした。
以前は輪島といえば石川の端っこのイメージがあり相当時間がかかると思っていたが、道路がよくなり松任からわずか一時間半で着いてしまう。

途中日本海はそうとうの荒れ模様。
千里浜海岸には白波が次々と押し寄せている。

会場のマリンタウン特設会場には9時30分くらいに着いたが駐車場は既に9割方埋まっている。
主催者発表では2万人の人出とか。

           輪島かに祭パンフ.jpg
      DPP_40317.JPG
      輪島漁港は魚介類、かにの水揚げ高は石川県一、日本海側でも
      有数の漁港として栄えています。

       輪島かに祭引換券.jpg
            今回購入したかにの抽選券付引換券

      DPP_40347.JPG
      かに引換所 かに券一枚で加能かに1杯、香箱3杯と引き換え。
      加能かには見たところ一杯2500円程度かな。
      引き換えるかには既に袋詰めされている。

      DPP_40309.JPG
      水中で泳いでいる加能がに 一杯4000円
      生きたままでの宅配用らしい

      DPP_40310.JPG
      一杯7000円也

      DPP_40311.JPG
      DPP_40315.JPG
      茹でられるのを待つ加能がにと香箱がに 
      加能がには一杯4000円 香箱かには三杯1000円だそうです。

      DPP_40320.JPG
      大型の特製釜で茹で上げられる。
      籠に入れられたかにを籠ごとフォークリフトで吊り上げ釜の中へ。
      大型の籠3個分を一度にゆでることが出来る。

      DPP_40321.JPG
      茹で上がったかに

      DPP_40322.JPG
      すぐに水をかけて冷やされ、販売にまわされる。
      以前はリヤカーで運んでいたそうですが。
      DPP_40312.JPG
      販売されている香箱がに

      DPP_40323.JPG
      加能がに 一杯4000円也
      水色 『タグ』 は石川県産加能がにの印
      『ズワイがに』 のことを石川県産は加能がにと称し水色タグを付けて
      他県水揚げ物と区別している。

      福井県産を越前がにと称し黄色タグ
      島根、鳥取、兵庫 、京都で水揚げされたズワイがにを松葉がにと
      しているが、そのうち島根県隠岐地方で獲れたものは隠岐松葉がに 
           と称して青色タグが漬けられている。
      鳥取地方でとれたものを鳥取松葉がにとして白地に赤色タグ
      兵庫県津居山で取れたかには津居山がにとして青色タグ
      京都北部丹後半島間人 (たいざ)で取れたかにを間人がにとして
           緑タグをつけている。
      いずれも同じズワイだが産地により名前が違うし、タグの色により
      他産地との差別化を図っている。
      北海道産、ロシア産は普通にズワイがにの名で販売されているが味
      には大きな差はないと思う。

      DPP_40306.JPG
      DPP_40305.JPG
      DPP_40314.JPG
      DPP_40343.JPG
      大勢の人が押し寄せ、かに、魚介類を焼いて食べている。
      焼くものを買えば自由に炭火コンロを使用できる。

      DPP_40319.JPG
      DPP_40308.JPG
      P1010015.JPG
      DPP_40346.JPG
      DPP_40303.JPG
      かに、海老、ホタテ、牡蠣貝、サザエ、ハマグリ、他に場内で販売
      されている干物等を焼いている人もいた。

      DPP_40304.JPG
      うまそう!!!
  
      DPP_40345.JPG
      DPP_40318.JPG
      場内では焼いた魚介類等も販売されている。

      P1010020.JPG
      かに飯350円 香箱の半身入りかに汁350円

      DPP_40348.JPG
      香箱一杯入りかに汁500円

      DPP_40344.JPG
      大なべで造り、小分けされた鍋のかに汁も終わり近くになると底が
      見えるくらいになっている。

      P1010023.JPG
      抽選は午前、午後の二回実施された。
      賞品は輪島の旅館ペア宿泊券、輪島産コシヒカリ、一杯30000円
      程度のズワイ二杯入りなど色々あったが残念。
      
      
      
      
      

      
      
      

      
      

 

輪島朝市に来るのは何年ぶりだろうか。
朝市はかに祭り会場のすぐ近くにあり、駐車場も共通だった。

      DPP_40324.JPG
      輪島温泉某ホテルの送迎バス
      信号などで止まっている間は汽車の走行音を流している。
      子供が喜びそう。

      DPP_40325.JPG
      DPP_40330.JPG
      日曜日だが天候がよくないせいかお客さんは少なめ。
      そうはいっても相当の人出。

      DPP_40326.JPG
      DPP_40328.JPG
      DPP_40332.JPG
      輪島朝市といっても魚介類だけではない。
      地元特産の輪島塗やら自家製野菜、こんな作り物も売られている。

      DPP_40327.JPG
      DPP_40333.JPG
      DPP_40329.JPG
      やはり港町だけあって塩干もの、海産物が多い。

      DPP_40331.JPG
      輪島かに祭りのすぐ横の輪島朝市で売っているズワイがに。
      石川県での水揚げを示す『水色タグ』はついていない。 
      値段はかに祭り会場の半値以下。
      よく見ると発泡スチロールの箱には 『〇〇〇産』 と某国の名が。
      良心的?な朝市店は某国名を客に見えるよう正面に向けている。
      味は変らないのになぜこんなに値段が違うのだろうか。

      普段は比較的安い北海道産、ロシア産ズワイがにも、山陰、北陸、
      越前でズワイがにが解禁になるといっせいに値段が上がるらしい。
      不思議な現象である。

     
      テレビ等のメディア露出の多い焼き栗やさんの自慢の生栗
      DPP_40337.JPG
      氷温貯蔵され、カッターで切込みを入れた生栗

      DPP_40334.JPG
      DPP_40336.JPG
      若き栗園経営者 松尾和広氏

      DPP_40335.JPG
      圧力式焼き栗釜

      つい最近TVで放映されたばかりの 『松尾栗園』 の焼き栗露天を発見。
      TV,新聞、雑誌等でよく取り上げられている松尾さんです。
      旅番組のレポーターもよく訪れるようです。

      松尾栗園のオーナーは松尾和宏さんといい,愛知県出身の好青年です。
      東京、北海道(漁師見習いをされていたそうです)と渡り歩き、2005年か
      ら能登の地で栗園の見習い、2006年から4.8haの栗園の経営。
      化学肥料等を殆ど使用しない有機栽培栗を生産。
      収穫した栗は一切薫蒸処理を行わず収穫時に目による選別のみ。
      選別した栗はすぐには使用せず、1~2ヶ月間の氷温貯蔵後に使用。
      栗は氷温貯蔵することにより、澱粉が熟成糖化して糖度が3~4倍にも
      なり、大変甘い栗に変るそうです。
      貯蔵した栗を使用前日に再度選別しながらカッターで一個ずつおしりに
      切り込みを入れて翌日の焼き栗製造に備える。

      収穫した栗は殆どすべてを自己による、焼き栗露天販売と一部ネット販
      売されています。
      栗は圧力式焼き栗釜でじっくりと焼かれ、その場で販売される。
      焼きあがった直後の焼き栗は、ホクホクしていて甘く大変美味しいです。

      天候は悪いが久しぶりに 『白米千枚田』 を見に行くことにした。
      DPP_40338.JPG
      DPP_40339.JPG
      白米千枚田は棚田では全国で始めて平成13年に国の文化財名勝
      地に指定された。         
 
      
輪島市内から曽々木海岸方面へ、国道249号線を走ると、15分くら
      いで「白米の千枚田」に着きます。
      白米の千枚田は、高洲山の山すそが海に落ち込む急斜面に階段状
      に作られ、2千枚以上の田んぼが幾何学模様のように配されています。
      ちなみに実数は2146枚に上るそうです。
      そのうち
国指定名勝地内には1004枚の田があります。
      国道249号線沿いに設けられた千枚田ポケットパークというパーキン
      グエリア(開設時間8:30-17:00、休館日無休)は、千枚田が一望で
      きる絶好のポイントです。 エノキの大木がランドマークで、レストハウ
      スなどの施設があり、日本海や、遠く七ツ島までも見渡せます。
      輪島市では、この「瑞穂の国の原風景」と呼ばれる景勝と農村文化を
      後世に伝え残そうと、労働力、資金、観光化などあらゆる面から千枚
      田保存対策を講じられているそうです。地元住民をはじめ、多くのボ
      ランティアの皆さんが田植えなどに協力してくれています。
      ここでとれたお米は大変美味しいと引っ張りだこの評判とか。
      昨年から始まった
『あぜの万燈』 のイベントも10月に行われて大勢
      の人でにぎわった。

   

      白米海岸
      DPP_40340.JPG
      DPP_40341.JPG
      DPP_40342.JPG 
      このあたりでは 『曽々木海岸』 の海岸美と 『波の花』 が有名。
      ここからは20数分でいけるが、時間がなく今日は断念。
      波の花は風向きと風の強さで舞うそうだが、今日の曽々木海岸は
      相当舞っているそうだが残念。
      能登では 『波の花発生予報』 なんてのも出されている。
      今日の波ならキッと白米海岸でも舞っている様な気がする。  

      


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 5

gorukichi

xml_xslさん
 訪問、niceありがとうございます。
by gorukichi (2009-11-20 15:12) 

gorukichi

shinさん
 訪問、niceありがとうございます。
by gorukichi (2009-11-20 18:24) 

gorukichi

ほりけんさん
 nice,訪問ありがとうございます。
by gorukichi (2009-11-21 22:45) 

gorukichi

yukioさん
 訪問、niceありがとうございます。
by gorukichi (2009-11-24 14:47) 

くまら

訪問&nice!ありがとうございます^^
by くまら (2009-11-24 14:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。