So-net無料ブログ作成
航空祭 ブログトップ

小松基地 『2009小松航空祭』 機動飛行とブルーインパルス [航空祭]

今年も 『2009小松航空祭』 が開催された。
例年では9月開催だったが、今回は11月1日(日曜日)の開催に変更。

昭和20年に米軍補助レーダー基地として接収されていたが、昭和33年に接収解除されその後昭和36年に自衛隊小松基地として開設された日本海側唯一の戦闘機が駐留する基地であり、わが国の日本海側の空の守りを担う重要な基地として位置付けされている。
小松基地と日本海を隔てた諸外国との位置は近く航空機で僅か一時間の距離にありその役割は大きい。
対領空侵犯に対する任務遂行のため中部航空方面隊 第6航空団 第303飛行隊、第306飛行隊がその任務を担っている。
また、合わせて小松救難隊が編成されており、海難救助、山岳救助、災害派遣等を担当している。

昨今自衛隊に対する風当りが順風ではない面もあるが、わが国を守る任務は自衛隊がになうことに何の疑問もないと思うが。

私は特に軍国主義者でもないし、自衛隊を絶賛するつもりはないが、戦闘機の機動飛行とブルーインパルスの展示飛行が大好きで毎年小松航空祭に通っている。

今年は天候回りがあまりよくなくて、当日は雨天も予想されるため昨年と同様にまずは総合予行と、ブルーインパルスの前日予行に行くことにする。

総合予行は10月29日(木曜日)に実施され、ほぼ本番当日のスケジュールに沿って行われる。 

晴天の場合午前中は逆光になるが今年も小松空港ターミナル屋上から撮影することにする。

総合予行当日はまずまずの天気、自宅出発が少々遅れたため途中の高速道路上でオープニング飛行の戦闘機と遭遇。
小松空港旅客ターミナル屋上に上がると既に相当の人が観戦、撮影中。
程なくオープニング飛行に参加していた戦闘機が続々と帰投してくる。

     DPP_40202.JPG
     二機のうち上の機体は2009小松航空祭記念塗装のF15Jイーグル

     DPP_40203.JPG
     記念塗装機
     一般からの公募作品
     垂直尾翼には小松安宅の関にちなんだ弁慶が描かれている。

     DPP_40219.JPG
     F15は着陸スピードが速いため、キャノピー後部のスピードブレーキ板
     を立ててスピードを落とす。
     小さいように見えるが畳2畳分くらいの大きさがある。
     F15 愛称イーグルはアメリカマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)製
     で、1233機製造され、日本では約200基が運用されている主力戦闘機
     だが、相当古いため新規機種の選定が急がれている。

     アメリカ製F22(ステルス機)は技術情報の漏洩を恐れて輸出しないこと
     になりF35戦闘機を売り込みたいらしいが、その性能情報料としてなんと
     10億円要求されているとか。
     米国に日本の足元を見られているようだ。
     いっそのこと、米国とはきっぱり手を切って仏製にでも機種変更したら。

     いずれにしてもアメリカの日本に対する要求は法外なものが多いのでは
     ないだろうか。
     これも自公政権のアメリカべったりのつけのような気がするのは私だけ
     だろうか。

     DPP_40201.JPG
     パラシュート降下訓練
     他基地では固定翼機を使用して大勢が降下する展示が行われて
     いるが、小松ではヘリから二人ずつ二回の降下訓練が行われる。

     DPP_40212.JPG
     DPP_40213.JPG
     U-125A救難捜索機で遭難者を捜索、発見後UH-60J救難ヘリから
     救難隊員が降下、遭難者を吊り上げる訓練。
     昨年小松救難隊をモデルに 『空へ 救いの翼』 劇場版が上映された。
     救難隊は海上保安庁の装備では困難な場合にも果敢に救難に当たる
     など、普段から厳しい訓練を続け、災害時の救助等に当たる。

     いよいよ待望の機動飛行の予行が始まる。
     DPP_40205.JPG
     DPP_40207.JPG
     アフターバーナーを点火、超高速飛行をするF15Jイーグル戦闘機
     高速飛行の割りに『ベイパートレイル』は少ない。

     DPP_40206.JPG
     DPP_40204.JPG
     DPP_40208.JPG 
          DPP_40209.JPG 
      垂直に上昇する戦闘機、上空2000メートルまで急上昇
      するという

         DPP_40210.JPG 
     DPP_40211.JPG
     DPP_40214.JPG
     DPP_40215.JPG
     DPP_40216.JPG
     DPP_40217.JPG
     DPP_40218.JPG 
     戦闘機が超高速で急旋回、急上昇を繰り返す姿が美しい。
     パイトットは重力の何倍ものGがかかるため耐Gスーツを着用
     して操縦している。
     DPP_40220.JPG
     DPP_40221.JPG
     DPP_40222.JPG
     編隊飛行する戦闘機

         DPP_40223.JPG
         これは鳥の編隊飛行です。
     たまたま戦闘機の編隊飛行のすぐ近くを飛んでいました。

     ここからは本番当日グランドゴルフの試合があり (ちなみに私は準
     優勝、妻は女性5位で賞品はたくさんの果物でした)予定より早く終
     わったため、小松空港に急いだところ機動飛行の終わりくらいに間
     に合った時のものです。

     DPP_40202.JPG
     DPP_40219.JPG
     DPP_40220.JPG
     DPP_40221.JPG 
     DPP_40223.JPG
     DPP_40224-1.JPG
     DPP_40233.JPG
     DPP_40235.JPG
     DPP_40225-1.JPG
     DPP_40230.JPG
     DPP_40217.JPG
     後の3枚はヴェイパートレイルが現れています。          
     ヴェイパートレイルとは湿度の高い日の高速で飛行する 、戦闘機等
     が翼で空気が圧縮されることによって、空気中の水分が水蒸気にな
         り、翼の先端から白い筋状のものを引く現象です。

     本番当日の機動飛行が11時50分頃終了。
     午後1時10分からのブルーインパルス展示飛行開始までは昼休み。
     ところが昼休みの間に天候が急変。
     ブルー5番機が天候偵察のため離陸、調査の結果天候回復の見込
     みが望めず、中止となってしまった。
     ブルーインパルス展示飛行の中止は13年ぶりだそうです。     
     

続きを読む ブルーインパルス展示飛行、民間機他


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

2008 小松航空祭(事前練習、総合予行、リハーサル) [航空祭]

昨年始めて観戦した 『小松航空祭』 が今年も開催されるが、残念ながら今年は地区の行事と重なりどうしても観戦できない。
ネットで調べたところ、事前練習や総合予行が実施されるということで今回はそれらを観戦、撮影することにした。
撮影ポイントなどを小松空港で調べていたところ、すでに『飛行機大好き人間』?らしき人たちが大勢集まって情報を交換されているではないか。
手にしているのは大砲みたいな超大口径の望遠レンズ、航空交信をモニターするレシーバー。
航空局からは 『ノータム』 という航空情報も発表され、それらの情報も入手しながら各空港を移動して撮影されているようです。

それらの人達からの情報では、若干逆光になるが小松空港の旅客ターミナル屋上の送迎デッキ、駐車場、航空プラザ駐車場がベストとか。
航空祭場内とは反対側からの撮影になるが面白い絵になりそうです。

また、公表はされていない情報では、三沢基地から特別塗装機が飛来するらしい。
三沢基地の配属機がF-4からF-2に変更になるため、最後のお別れにファイナルイヤー特別塗装を施して
『ブラックパンサー』 としてお目見えするそうである。

小松基地は日本海に面している唯一の戦闘機部隊が所属する基地であり、朝鮮半島、ロシアからは航空機で約時間の距離に位置しており、基地の果たす役割はたいへん大きく日夜国籍不明機の警戒に当たっている。
小松には中部航空方面隊に所属している第6航空団があり、飛行郡としては第303飛行隊、第306飛行隊の2個飛行隊から構成されており、主力はF-15 イーグル戦闘機が配備されている。

      総合予行時のRESCUE展示模様
      画像をクリックすると大きい画像が表示されます

      IMG_1140.JPG
      パラシュートによるヘリからの降下訓練
      発炎筒を降下地点目印に降下してくる
      IMG_1152.JPG
      6名降下したが殆どの人が目印の位置ぴったりに降下した
      これも普段の訓練の賜物か

      IMG_2335.JPG
      救難捜索機 U-125A 機番22-3020
      小松基地小松救難隊所属のビーチクラフト機
      原型はイギリスのデ・ハビラント社、後にホーカービーチクラフト
      社として再編された。
      救難要請等により要救難者を捜索しヘリ UH-60Jと協力し
      救助する
      IMG_2317.JPG
      U-125Aによる捜索展示飛行
      IMG_1307.JPG
      ヘリ UH-60Jが要救助者のもとへ
      IMG_1317.JPG
      ヘリから要救助者のもとに降下する
      IMG_1327.JPG
      要救助者を吊り上げる

小松救難隊をモデルにしたアニメ 『よみがえる空 RESCUE WINGS』 全13話はすでに放映され、実写版
『空へ~救いの翼~RESCUE WINGS』 が200年新春に上映される予定です

      地上展示される予定の航空機等
      IMG_1999.JPG
      海上自衛隊 P-3C 機番3-5003 対潜哨戒機 川崎重工製
      厚木航空基地 航空集団第4航空群第3航空隊所属

      IMG_2041.JPG
      RF-4Eファントム 機番57-6914
      百里基地 偵察航空隊代501飛行隊所属機
      着陸スピードが早いため、パラシュートブレーキを使用する

      IMG_2118.JPG
      C-1 機番88-1028 
      入間基地 第402飛行隊所属機

      IMG_2343.JPG
      U-4多用途支援機
      航空総隊入間基地電子戦支援隊
      米国ガルフストリーム社製で、無給油で太平洋横断可能

      IMG_2069.JPG
      石川県消防防災ヘリ 『はくさん』

      IMG_1171.JPG
      SH-60J シコルスキー シーホーク 
      海上自衛隊所属対潜ヘリコプター

      IMG_2389.JPG
      米軍第12海兵航空群 岩国所属
      F/A 18 ホーネット
      タワーとの交信は女性がしていたのでパイロットはたぶん女性
      だと思われる

      

08年9月11日築城基地所属の西部航空方面隊第8航空団代304飛行隊のF-15が訓練中に山口県沖の日本海に墜落するという事故が発生した。
直ちにF-15の飛行停止措置がとられた。
F-15といえば小松基地の主力戦闘機であり、その戦闘機が参加できないことになれば航空祭事態が中止になる可能性も心配されたが機体点検も何とか間に合い予定通り実施できることとなった。

      F-15 事前練習及び総合予行

      IMG_1740.JPG
      二機並んで離陸していくF-15

      IMG_1095.JPG
      IMG_1663.JPG
      白山をバックに訓練に飛び立つF=15イーグル

      IMG_1426.JPG
      1194-1.JPG
           IMG_1405.JPG
      IMG_1120.JPG
      IMG_1261.JPG
      IMG_1264.JPG
      IMG_1475.JPG
      IMG_1476.JPG  
      IMG_1525.JPG
      翼端からベーパーを引いて機動飛行しているF-15
      ベーパーとは戦闘機の場合高速なので翼や機体にぶつかった
      空気が摩擦や圧縮により高温になり 、含まれていた水分が蒸
      発して水蒸気となり白い筋となって見える。
      湿度が高い程発生しやすい。

      IMG_1549.JPG
      IMG_1547.JPG
      IMG_1564.JPG
      翼面に発生したベーパー

      IMG_1254.JPG
      IMG_1576.JPG
      IMG_1529.JPG
      IMG_1530.JPG 
      アフターバーナーを使用して機動飛行するF-15
      アフターバーナーとはジェットエンジンの排気にもう一度燃料
      (ケロシン)を吹き付けて燃焼させ、高出力を得る装置でエン
      ジン後部の排気コーンから真っ赤な炎が見える。
      アフターバーナー無しの状態に比べ50%以上の推力が向上
      するが、燃料消費は非常に大きくなる。
      F-15の場合巡航速度での飛行では数時間の飛行が可能だ
      がアフターバーナーを全開にしての飛行では15~20分で燃
      料を使い切ってしまう。

      IMG_1411.JPG
      IMG_1420.JPG
      IMG_1442.JPG
      IMG_1449.JPG
      IMG_1600.JPG
      編隊飛行するF-15

      IMG_1612.JPG
      自衛隊航空機が離着陸するときは必ず滑走路横に化学消防
      車が待機するので自衛隊機の訓練等の出動状況がわかる。
      滑走路横に化学消防車が待機していない時には自衛隊機の
      離発着はないことがわかる。

      
          
      



      
      
          
      

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

07小松航空祭(ブルーインパルス) [航空祭]

07小松基地航空祭が開催されるというので観戦に入ってきた。
航空祭というのは航空自衛隊が日頃の訓練の成果を地域の住民に披露し 、基地隊員と
ふれあうことで自衛隊に対する理解を深めることが目的だそうです。
小松基地は日本海側唯一の戦闘機部隊を有し、日本列島の中央に位置し、重要な役割
を果たしている。
今回の基地祭は戦闘機部隊の機動展示飛行、ブルーインパルスの展示飛行等がある。
ブルーインパルスは、日本で唯一のアクロバットチームであり、宮城県松島基地に所属す
る第4航空団第11飛行隊の通称です。
日本のパイロットの中で最高の技量を有する集団です。
私は、遠くは東京オリンピックの開会式、最近ではインディジャパン(栃木県茂木町)での
開会式でのブルーインパルスの展示飛行が記憶に新しい。

          
          当日は曇り空
          晴天の青い空でのブルーインパルスの演技を期待していましたが残念。
          なんと134,000人の入場者数だとか。
          西門入り口まで1㎞以上の行列が続いていた。

          
          基地に入ると子供用の花自動車が場内を巡回していた。

          
          普段は真近では見ることの出来ない戦闘機  F-2

          
          戦闘機 F-4

          
          日本の主力戦闘機 F-15J

          
          F-15J戦闘機による機動飛行

          
          ブルーインパルス 1号機~4号機
          高度さはわずかありますが平面的には機体がかさなっいています。

                   
          ダイヤモンドテイクオフ

          
          
          
          
          
          みんなすごい技です。

          
          中で買ってきた『自衛隊おでん』
          ラベルは陸、海、空とありますが中身はみんな同じです。

          
          中身はこんな具合
          冷えても美味しいとありましたが、本当に美味しかったです。

             07小松基地祭 詳細ページ


nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
航空祭 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。