So-net無料ブログ作成
修行、禊 ブログトップ

富山弾丸ツァー 打ち上げ会 [修行、禊]

のりさんからの呼びかけにより先日実施した『富山弾丸ツァー』の打ち上げ会が急遽開催された。
例によって、割烹勝一に午後10時集合となった。
勝一にはすでに『丁の目の半なり』さん、kim.nagamachiさん、イエロー17号さんが到着されていた。
丁の目さんは『日本燗酒普及協会』の会員とかで、燗酒を飲んでおられた。
当日夕方に勝一二代目に三人目の娘さんが誕生され、大変おめでたい日である。
その後、富山からchiquitaさんが、金沢からカエデママさんが集まりとりあえずのりさん三人目の娘さん誕生のお祝いを丁の目さん持参の自慢の『へしこ』で乾杯。
その後打ち上げ会最初の店、『倫敦屋酒場』へ。
この酒場は片町のはずれにあり決して入りやすいお店ではないが、重厚な造作がなんともいい。
店内も心が癒されるような、そんな雰囲気をかもし出している。
地下には『ペペッシュ倫敦屋』というイタリアン料理店が併設されており、料理も大変美味しい。
乾杯をする前に、スカタン女王さんが到着総勢8名となった。

    
    まずはビールで乾杯
    後になぜかお地蔵さんが。
    勝一ブログ仲間の間で大流行である。

    

    

    
    地階『ペペッシュ倫敦屋』で作られた料理
    どれも大変美味しい

    その後お茶漬け『志な野』へ。
    相も変わらず店主、お客の『やほー』の飛び交うすざまし
    い様相である。
    入店時に、注文時に、お代わり時に、帰るときも全てに『やほー』である。
    どうも4やほーをした仲間がいたようです。

    3店目が『鬼の棲家
    2回目ですがなんとも落ち着くお店です。
    メニューも充実していて、お袋の味あり、なかなかのものです。

    その後木倉町にあるおしゃれな酒場へ(店名失念)
    飲んでつまんでしゃべって。
    気がつけば午前3時半  ここでお開き。

    いやはやなんとも楽しい飲み会です。
    2店目以後は飲み、食い、おしゃべりに忙しく、かつ少々酔っ払い気味の
    ため写真はありません。
    『のりさんのページ』に写真があります。


富山弾丸ツァー(その2)完結編 [修行、禊]

大岩山日石寺での滝打たれ修行を終えた4人は一様に『つき物が落ちた』
等と・・・・・・・・・。
のりさんはあの短時間の滝修行の間に安産祈願、家内安全、商売繁盛、
厄落とし、ボケ防止まで祈願したそうな。
よくたましい。

大岩山を後にし、昨年開通したという立山公園線に架る『富立大橋』を渡り
一路富山市清水元町にある、東京四谷の鯛焼き屋さんの暖簾分け店であ
る『わかば』へ。
ところが途中、最後尾を走るのりさん車にトラブル発生。
なんとうら若き女性2名が『逆ナビ』をやらかしてしまったらしい。
前を走るgoru車とよく似た車の後ろについてしまい、直進すべきをうら若き
女性2名の『右に曲がって』という間違った指令を鵜呑みにしたのりさんが
右折をしてしまったのである。
すぐに間違いと気がついた張本人から緊急の無線連絡。
            『道を間違えた』
前走の2台が路肩に寄せ待つことしばし。
漸く追いついてきた。

途中地元のいとちゃんがトランシーバーで、通りにある多くのケーキ屋さん
を案内してくれた。
なんと、この通りを『スィーツ通り』と呼ぶそうな。
それくらい多くのケーキ屋さんがあった。

   
  『わかば』鯛焼き屋さん          尻尾まで餡子の入った鯛焼き
                          一人一個支給
                          それぞれが鯛焼き、アイス
                          団子を注文
                          私は後を考えお持ち帰り

      
      顔は写っていないけどみんな満足顔
      歩きながら食べるの?

次にすぐ近くにあるケーキ屋さん『オーボンスーヴニール』へ。
ここではchiquitaさんが、評判の『カヌレ』を注文してあり、一人二個ず
つ支給された。
それぞれが思い思いのケーキを購入。

  
  オーボンスーヴニール            支給される『カヌレ』の包装

  
  カヌレ                      別に購入したケーキ
  なんともいえない食感がいい
  自宅で食べたが 大変美味し
  かった。

chiquitaさんが、富山で最近開通した『富山ライトレール』を披露してく
れるため、富山駅北に回ってくれたが、タイミングよくライトレールに遭
遇。   なかなかスマートな二両連結の車両だ。
          一度是非乗りたい。

        
          なかなかスマートな車体である

全員でおやつタイムを取るべく、新湊の道の駅『かもんパーク新湊』を
目指す。
途中いとちゃんがトランシーバーで道案内をしてくれ、のりさん車も迷
うことなく目的地に到着。
ここでパオさん一家4人と合流。
なんと広い芝生広場があり絶好のおやつ広場である。

東京在住の自称『のりさんの料理人弟子』の『YOME』さんからの贈
り物の自家製ケーキが山ほどあるという。
chiquita さんは、ケーキの写真を撮るのに地べたではさまにならない
からと木製の丸折りたたみテーブルを持参。
コーヒーは、コンロは勿論野点するに必要な道具一式、 のりさんはコ
ーヒーミルまで持参していたとか。
上市城山の湧水で淹れたコーヒー、YOMEさん差し入れのたっぷり
のケーキ、クッキーで心置きなくおやつタイムを満喫。
ケーキ入刀する美女まで現れる始末。
ケ-キが食べきれずたくさん残ったが、 全員で分けお土産にお持ち
帰り。

      
      野点コーヒー&各自持参の自慢のカップ

          
          YOMEさん自家製のスィーツ
          どれも素人とは思えない見事な出来栄え、味
          YOMEさんありがとうございました。
                   
   YOMEさんお手製のメニュー        美女二人でケーキ入刀
  
                                          
      みんなでケーキの写真撮影
      これが終わらないと誰も食べることが出来ませんから
      それが我々グループの 『掟』ですから
        
    
      楽しい楽しいおやつタイム

予定ではこの後、すぐ横にある天然温泉『海王』の足湯、高岡市のちょっと変わった
食品スーパー『フレッシュ佐武』は残念ながら、相当時間を押してきたため今回はや
むなくパスすることになった。

いよいよ本日最後の目的地 パキスタン料理の『カシミール』
本日参加の皆さんは最低一度は体験しているが私と家内は初体験である。


  

      

    
    噂通りの なんとも怪しい店構えである。

  ここでaiaさん、丁の目の半なりさん(通称goちゃんというらしい)
  いとちゃんの仲間のkeiさんが加わりなんと16名の軍団に増殖

                         
                       なんとスパイシーなスープで乾杯
        結構スパイスが効いていて辛い
        私は大丈夫だが飲めない人もいたような

                     
        総勢16名の大食事会となった

         
          いつもはこのマンゴージュースが初めに出るらしい

  
  サラダ2種  野菜サラダとチキンのサラダりんご入り

        
        相変わらず『掟』である食べる前の撮影会

   

   野菜のてんぷらの様なもの           羊の串焼き

   
     チキン                    スパイシーな海老料理
                             ここで海老が出るのは珍しい
                             そうです
   
       
       シークカバブ(羊)とレシカバブ(鶏)料理というらしい

           
            またまた凄いのが出て来た
            これがタンドリーチキンか
            なんと4羽も
            柔らかそうだがそろそろお腹のほうが満杯
            aiaさんが上手に解体、うまそうに食べている
            聞くところによれば今は病み上がりで、普段
            から小職とか。  本当かな?

        
        ウヮー みんなして解体している
        すざましい光景です

         
          調理場の様子
          お一人がうわさのサクラーンさんかな
  
      
      チジミ見たいなお焼 美味しい

         
         これは何だ  長粒米の焼き飯みたい

   
   
    
         
        最後のチキンカレーを入れ7種類か。
        昼食の四川料理、おやつタイムのスィーツ、コーヒー
        のお代わりが相当利いていて、もう聴牌模様。

    
    このナンにカレーを乗っけて少々食べたがおいしい
    腹のすいてるときに来なくてはなるまい。

  
  デザート2種                   いとちゃんいわく
  プリン様の奇妙な食感             『私これだめだわ』
  美味しい                     いとちゃんも聴牌らしい

      
      わっ  まだがんばってる

   外でなにやら不思議な光景が
   なんと食い物屋の軒先で丁の目さんが街頭燻製製作をしているではないか
   それも登山に使うようなガスバーナーに家庭で使う普通のアルマイトの鍋で
   作っている。
   その周りを今回の参加者が物珍しそうに取り巻いている。

     
     こんな装置で燻製が出来るとは

        
         出来上がった燻製
              ゆで卵と砂肝

                            
                        丁の目さんが説明しています
                          友人が開発した製法らしい
  
                                 
                                   ウヮー 燻製が出来てる
                                   美味しい美味しい
                                   カシミールで満腹のはずの参加者がまだ食っている
                                   よほど美味しいんだね

   

      
      本日大活躍の『トランシーバー』です
      必要があればいつでもお貸ししますよ

   本日の参加者
     最初からの参加  勝一のりさん イエロー17号さんご夫婦
                  葵さん スカタン女王さん
                                              chiquitaさん いとお菓子さん
                  gorukichi夫婦
     おやつタイムから パオさんご一家(4名)
     カシミールから   aiaさん 丁の目の半なりさん keiさん
              最終参加者  総勢16名

   今回の富山ツァーは富山チームの chiquitaさん、いとお菓子
   さんの絶大なるご協力により実現しました。
   大変楽しい一日をありがとうございました。

      一同お二人に『最敬礼』 


                   


富山弾丸ツァー [修行、禊]

勝一『のり若大将』発案による、富山弾丸ツァー『大岩山日石寺滝打たれ込みツァー』別名煩悩消滅させツァーが富山チーム2名(chiquitaさん、いとお菓子さん)の企画、手配により実現した。

当日は梅雨の最中で、天候が心配されたが薄曇りで、そんなに暑くもない絶好のツァー日和となった。
白山市から山側幹線を通り途中『葵』さん『すかたん女王』さんをひろい、金沢チームの待ち合わせ場所の『マルシン』業務用スーパーの駐車場へ到着。

待ち合わせの10時半には少し早く着き、しばらく待っているとのりさん車が到着。
車にはイエローさんご夫妻が乗車していて金沢チーム7名がそろった。
ここで持参したトランシーバーを渡し、一路富山チームとの合流地点である北陸道『立山IC』へ向け出発。
トランシーバーの使用法がいまいち理解できないのか、しばらく走ると、後ろを走るのりさん車からのどが渇いたし次のPAに入るよう電話での指示。  トランシーバーを使えばいいのに。
高岡PAに入ったがここはトイレのみで自販機もないPAだった。
次のPAまで我慢することとし呉羽PAに寄り道。
ここには自販機、売店の他『のりおダイニング』という名の軽食堂がある。
飲み物補給のはずが結構うまいと評判の? シュークリームに目がいったからには買わずばなるまい。
結局7名分7個を購入、ここで食することと相成った。 まずは最初の『おやつ』である。
前回の『寺町ツァー』では女性軍からおやつタイムがなかったと相当の突き上げを食らったのりさんがそのときの勢いに恐れをなした、早々のおやつタイムであろう。
おまけに売店で富山名物の『ほたるいかせんべい』『白えびせんべい』を購入、2台の車にわけ積み込む。
途中どっちがうまいかリポートせよとの指令があり、各車連絡をしながら走行、立山ICに到着。

なんと富山チームの二人が『まいど』の文字を自作プリントした黄色のTシャツを着て、後ろ向きに体をくねらせ、後美女様に立っているではないか。
聞けばいとちゃんが3枚に分けて『まいど富山』をプリントしたとか。
いつもいつもまめな人である。
早速『富山』プリントのTシャツをのりさんが着用し撮影。  いとちゃんいつもありがとうね。

     
     のりさんいわく、美女二人が目を凝らして                富山名物、ホタルイカ&白エビせんべい
     シュークリームから離れないのでしょうが               みなの意見がほぼ一致。 
     ないから買ったとか。                              白えびのほうがおいしい。
     美女二人の名前はのりさんはばらしてい
     たが、私はないしょにしょう。

      
    いとちゃんお手製の『富山まいどチーム』ユニフォームでお迎え。
    みんな気取って "はい!ポーズ"
    いとちゃん 忙しいのにありがとう。

立山ICで富山チームのふたり、chiquitaさんといとお菓子さんが合流していざ出発。  最初の目的地は昼食。
取材は一切お断りの四川中華料理店に到着。
店構えは・・・・・・。
でも料理の味は絶品とか。
富山チームのchiquitaさんが常連とかで、料理は全てお任せ。
聞くところによれば今週3回目とか。
取材お断りとかで気難しい親父さんをイメージしていたが見たところそうでもなさそう。

本日貸切で奥の座敷に通されたが9人には少々狭そう。
お任せの料理がいい時間配分で出てくる。
これだけの料理を親父さん一人で作っているそうだ。

   
  前菜 見ため大変よろし。味最高の部類。
  後の料理が楽しみ。
  そこらじゅうのグルメブログで絶賛されるわけだ。

        
        蟹、豚肉、ゴーャ入り四川風
         私はゴーヤが苦手だが、この料理は大変美味しく頂いた。
          

   
   点心 赤、白をじゃんけんでチョイス。
   でも味は変わらないとか。

        
        噂の麻婆豆腐  なんと直径50㎝はあろうかという
        大皿で出てきた。
        見た目相当辛そうだがそうでもない。
        辛いの大好きな私には丁度のからさ。 非常に美味しい。
        山椒の風味がなんともいえない加減。
        これは癖になりそう。
        御飯を注文し一緒に食べたがうまい、うまい。
        あまりに多すぎてパックにつめていただきお持ち帰り。

    
    一見普通の酢豚風、でもただの酢豚ではない。
    お肉風の中にプチトマト、りんごが包まれている。
    美味しいの一語に尽きる。

           
           手打ち麺、スープとのバランスも絶妙。
           お腹かきついがすっと入ってしまう。
           非常に美味しい。   

    
    丼で出てくるという噂の杏仁豆腐
    フルーツたっぷりで大変美味しい。
    誰かがスイカが嫌いだと駄々をこねていた。
    スイカはいらん。メロンを入れてくれ。
    といったのはだーれだ。のりさん。

この店は写真も撮るな。という前触れだったが、みんなママさんの足音を気にしながらこそこそとパチリ。
これがグルメブロガーの宿命か。
こんないい素材を前にして撮影せずにいられようか。
噂にたがわず味は絶品。機会があればまた来たい。
帰りにはマスター、ママさん共にフレンドリーで、車の誘導をして戴き、手を振って挨拶されていた。
次に行くのは上市の名水で名高い湧水地へ。

霊峰剣岳の伏流水が滾々と湧き出ている『城山の湧水
を汲みに行く。
この水は長期間保存しても腐りにくい不思議な水として有名。
各自持参のペットボトルに汲み、後のお楽しみの野点コーヒーに使用する分も汲んで、本日最大の目的地『大岩山日石寺』へ向け出発。
ここからは5~6分の行程。

          
ここは屋根がかかっていてなかなかよさそう。
無料ですが、中に仏様が安置されており、容器の大きさに応じた『お賽銭』を収める仕組み。
中では容器も販売しているし、向かいの家ではたこ焼き、鯛焼き、ソフトクリームの販売もしていた。おやつほしそうな美女も・・・・。
まだ早いよ。
トイレも完備しているそうです。

いよいよ本ツァー最大のイベント滝打たれ禊の地『大岩山日石寺』に到着。滝6本のはずが12本のところに来てしまい、滝打たれ予定者の4人
の顔が少々青ざめたような気が。

                                             
                   
             少々ショートカットをして上まで車で到着。
            今日は相当楽をしたな。
            chiquitaさん『くまで』を持ってどうしたの。
                    のりさん 首からピンクのポシェット下げてどうしたの。

      
      階段途中のだんごやさん。
      なかなか風情のある木造3階建て。
      一度泊まってみたい。

   
      山門  そんなに古くはなさそう

  
            山門内の仁王像

  
          洞窟内の仏像

  
   13面観音像                                          6本滝前の仏像群

  
  愛染堂                                               君が代に出て来る『さざれ石』
  極最近の建立らしい。                                     この辺で多く産出するそうだ。

       
       鐘楼
      
   
   鐘楼の木組み 彫刻がすばらしい

        
        
        12本滝
        
              6本滝の謂れ書

        
           今回滝修行する6本滝

       
             お寺のおばはんから滝修行の注意事項の説明
             直接頭頂で滝水を受けると怪我をするとか
             手を合わせて滝に打たれ、その間般若心経を唱え、お経のうまい人で
             3分間、下手な人で5分間、その間滝に打たれていないと禊にならない
             といっていたような気が。

                 
                           修行前のお参り

                                                                             
            

                       滝打たれ修行の皆さん。この写真をアップしようかと迷いましたが、
                       このツァーの趣旨を考え、お顔にモザイクを掛けてアップすること
                       にしました。
                       個人の特定は不可能かと思量しますがお許しを。
                       それにしても滝に打たれながらポーズをするとは。
                       いやはや  とんだ修行ですね。
                       私は今回は持病により、主治医から堅く止められたため、涙を呑ん
                      で断念しました。  残念です。(笑)
                         そういえば誰かも持病のしゃくが  で  断念とか。
                      のりさんからは今度滝修行するときには自分は先輩だから『滝に打た
                     
れる実演をしながら』正しい滝修行の仕方を教えてくれるそうです。
                      のりさん  次回はよろしくね。

                   完結編につづく
  
        

   

  

   
   
  




 

   


修行、禊 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。